• 法人単位で購入するとタブレット価格は下がります

    タブレットは個人が購入して利用するアイテムだと思われていますが、今ではしっかりとした法人向けの製品が用意されています。

    大手チェーン店の現場スタッフも今ではタブレットを活用して接客をしています。
    紙のパンフレットと書類では業務効率が上がりません。

    BIGLOBEニュースに関する問題解決をサポートいたします。

    一方でオンライン化されたタブレットであれば、情報を即座に現場から本社のサーバーへと同期させられます。


    現場の販売員が、ユーザーから複雑な質問を受けた時も、法人向けに販売されている高性能な端末があれば、即座に本社にコンタクトを取ったり、クラウドサービスにアップされた情報を顧客に提示し、迅速に問題解決に至ります。

    業務用のタブレット技術のご紹介です。

    法人単位で大量にタブレットを購入すれば、一台あたりの単価が下がります。
    数は基本的に多ければ多い分、一台あたりの投資額が下がりますので、数十台単位よりも数百、数千の単位で導入した方が規模の経済性によって、コストパフォーマンスが大幅に向上します。タブレットは、紙のパンフレットとは対照的なマーケティングツールとなります。


    テキストのみの紙媒体のそれとは違い、ユーザーの五感に働きかける動画や音声やグラフが使えます。

    またユーザーの質問に対して、データ化されたフローチャート図を使って正確な回答を提示させられますので、特に販売店や相談窓口等のコミュニケーションが大事な現場では重宝します。

    今では多くの大企業や公的機関が、導入を図っており、この波に乗り遅れてはいけません。